日記

最新9回分

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2018年1月4日(木) 

新居の居間の暖房はエアコンで
まかなっているのだが、どうも
室温が20度以上に上がらず、
今日まで電気カーペットとの
併用で何とかしのいできた。

(旧宅での暖房の主役はもっぱら
灯油ストーブで、その頃この
エアコンはあくまで補助だった。
そのストーブは、未だ完了しない
旧宅の片づけのためもあって、
残してきたままなのだ。)

最初は、旧宅が軽量鉄骨なのに
対して、新居が木造のために
家屋の密閉度や断熱効果に
差があるせいで、暖房効率が
悪いのかとも考えたのだが、
それにしたって旧宅の居間よりも
スペースは小さくなってるんだし、
いくらなんでも温まらなすぎる。

そもそもこのエアコン、すでに
10年以上使っていることに加え、
今まで一度もフィルターの掃除
すらしていない。そろそろ寿命と
いう可能性もあるが、やはりまず
疑うべきは、フィルターの汚れや
目詰まりによる機能低下だろう。

(購入時、量販店の店員さんに
「自動クリーニング機能付きなので
10年は掃除しなくて大丈夫」と
言われたと、母親は事あるごとに
口にしたもんだが、さすがに
それは大げさすぎと言うか、例え
メンテナンスフリーが謳い文句
だったとしても限度があろう。)

という訳で、面倒くさがって
ずるずると手を付けなかった
エアコン掃除だが、意を決して、
購入後、初の大掃除を敢行する。

作業中は脱衣所に置いていた
電気温風ヒーターを居間に持ち
込み、フルパワーにして、寒さの
低下を極力抑え、電気カーペットの
上で過ごすことで対処。

前面パネルを開けると、案の定、
前面フィルター・上面フィルターとも
埃でびっしりと覆われていた。

ブラシでこすっても、上っ面しか
取れないくらいに、埃が厚い層を
成して、こびり付いていて、
これでよく吸気できたものだと
感心するほどの惨状だった。

各フィルターと自動クリーニングの
ブラシ付きダストボックスとプラズマ
脱臭空清ユニットを取り外し、
洗剤入りのお湯に漬け置き洗い。
併せて、ほぼ初めてとなる、
市販の洗浄スプレーを使うなど、
エアコン全体のクリーニングも。

途中、漬け置きの時間も含むが、
おおよそ5時間越えの大仕事に
なってしまい、ちょい疲れた。


その結果…暖房機能が劇的に
改善!!風力といい、風の
温かさといい、見違えるほどの
パワーを発揮して見せた。
室温はみるみる30度に迫る
勢いで、感動的ですらある。

やっぱ、ちゃんとまめに掃除せにゃ
あかんよね〜、当たり前の話。

----------------------------------------------------

“『FGO』が気に食わない。私が
TYPE-MOONに求めていた
ものは、これだったのだろうか?”


何だか世間では『FGO』が
エラく人気があるらしいね。
(スマホ・ゲーが発火点らしい?)

オレ個人としてはTYPE-MOON
作品や『Fate』に、特別な思い
入れも何もないんだけど、こと
アニメに限った話でも、ここ数年で
いっきに『Fate』派生作品が
増えたことに、戸惑いというか、
鬱陶しいというか、ちょっと辟易と
する気持ちになってきている。

『Fateシリーズ!アニメ16作品の
放送順よりおすすめの見る順番!』


本家の映画版も、三部作の、まだ
1本目だというし、スピンオフの
『プリズマ☆イリヤ』もいったい
いつまで続くのやら…(公開された
ばかりの映画も完結編ではなく、
まだまだ続くらしい)。

そしてこの前まで放映されていた
『Fate/Apocrypha』に続き、
『Fate/EXTRA』のアニメ化
目前に控え、さらに
『FGO』のアニメ
今後も継続される模様だし、もはや
訳わからん、というか食傷気味で
もうけっこうという気持ちに。

いやあの世界観やノリこそが
ファンにとっては魅力的なんだろう
とは判るんだが、これ以上、
個人的には付き合いきれん。
(<おそらく外から見たガンダム
作品も、こんな感じなのだろう。)

なのでFate系の新作アニメを観る
のは、そろそろやめようと思う。
(新作は基本、第1話はチェックして
いたが、それももう充分かな。)

さらば、Fate。

2018年1月3日(水) 『2018年、“アナログ盤レコード・ブーム”を検証する』

“「CDには人間の可聴範囲内の音域しか収録されていないが、アナログ盤にはそれより幅広い音が入っているので、より豊かなサウンドを楽しめる」という主張があったが、これはいささか怪しいものだ。聞こえないものは聞こえないのである。”

例えばしばしば騒音問題として、
エアコンの室外機の低周波など、
聴こえない音によっても、体調に
異変を起こすことはあるわけだし、
可聴域以外の音波が人間の感覚に
影響を及ぼすことは無いとは
言いきれないのではなかろうか。

これは持論と言うか仮説なんだけど、
まったく異物のない純水は、無味
乾燥なのに対し、ミネラルなど
不純物の混じった水の方が美味しく
感じられたりするように、音の場合も
様々なノイズ(針の摩擦音など)や
雑音、聴こえない周波数の空気の
振動などが、人の耳に何らかの
プラスの心地よさを与える可能性は
あるんじゃないか、と思ってる。

で、それを踏まえた上で、ほんとに
オーディオマニアの耳は、先入観や
思い込みに左右されず、正確かつ
精緻なのか、オカルトに惑わされて
いないのか、のブラインドテストは
ぜひ受けて欲しいな、とも思う。

----------------------------------------------------

右耳の難聴は薬が効いてきたのか、
ほとんど意識しないほど、だいぶ軽く
なってきた。このまま完治してくれると
いいんだけどな。

2018年1月2日(火) 2018年冬アニメ作品リスト

小改変期のはずの1月なのに、
これまた恐るべき数の新番組が
ラインナップされていることに驚愕。

HDDレコーダーの空き容量は
またしても限界に差し掛かっている
ので、何とか放映ラッシュが始まる
前に整理しないとなぁ…。

----------------------------------------------------

『アイゼンボーグの新作のクオリティ凄いな』

ええええっ!?!?!

マジか。
しかも現代に合わせてアップデート
するのではなく、あの当時のまんま、
まるでHDマスターで高解像度に
ブラッシュアップしただけのような
仕上がりには、異常なこだわりと
執念すら感じられる。

石油王、恐るべし!

----------------------------------------------------

今日は兄夫婦一家がやってきた。

成人した姪っ子はもう社会人2年目。
高三の甥っ子はスポーツ枠推薦で
某大学陸上部に合格、ということで、
こちらはもはや小さな子供がいない
こともあり、落ち着いた和やかな
団欒となった。(お年玉も甥っ子に
だけ用意すればよくなったので、
こちらのお財布にも優しい…^_^;)。

2018年1月1日(月) あけましておめでとうございます

もはやこのていたらくでは何を言っても
空しいばかりですが、どうにかして
この日記の正常運行化を目指したい
と思います。

>ブログへの移行も真剣に考えるか…。

とりあえずまだ書いてない年賀状を
とっとと書かねばならん…u

----------------------------------------------------

今年は新居で迎える初めてのお正月。

大晦日を、奥さんの実家で過ごした
弟夫婦一家が、午後にはこちらに帰省。

甥っ子は今度、小学4年生になる。
まだまだ子供なので落ち着きが無い
から、相手をするのは疲れるね。

2歳になった姪っ子は可愛い盛りで、
終始ご機嫌、元気溌剌、おしゃべりも
多くなって、その一挙手一投足に
いちいち家族みんなが笑顔になり、
家の中が明るくなる。

都合により兄一家は明日の帰省に
なるので、家族が一堂に会することは
できなかったが、賑やかな一日だった。

2017年12月27日(水) 『「なんか自販機のサンプルが勝手に動き回ってるなぁ」、軽い気持ちで調査を始めた結果…』

おわっ!?なんじゃこりゃ(^o^;)。
不可思議やね〜。
それにしてもこんな記事を書いてる
のが、女性とはまた意外な。
ほかの記事もちょっと面白そう。

----------------------------------------------------

昨日から右耳の調子がおかしい。
朝、目が覚めたら、何となく
膜が張っているような…気圧差で
おかしくなってるときのように
聴こえが悪く、違和感がある。
そのせいかじゃっかん平衡感覚も
怪しく、気持ち悪かったりフラついたりは
しないものの、立って向きを変えたり
すると、ふわふわした感じになる。
まさかこれって突発性難聴?!

今日になっても状態は変わらず、
もう一日様子をみようかとも思ったん
だが、難聴は初期段階(一週間
以内)で治療をしておかないと
治りにくくなる、という話も聞くので、
年末年始が近いし、念のため
近所の耳鼻咽喉科に問い合わせたら、
年内の診療は今日までで、
年明けは5日からと聞き、大慌てで
診てもらってきた。

検査をしたところ、右耳の低音の
領域の聴こえが悪くなってる、と
いうことをグラフで説明された。

お医者さんの見立てによると、
no title
おそらく蝸牛にリンパ液が溜まって
おり、聴神経を阻害しているの
だろう、と。それが三半規管にも
及んで、平衡感覚に支障がでている
のだろうということであった。

一昨日、右上奥歯の治療でけっこう
削ってて(それがまた麻酔をして
いるのに、なぜかエラい痛かった。
過去、同様の治療でもこんなに
痛かったことはなかったこともあり、
右上奥歯と内耳が近いことから)、
神経つながりで何か関係あるの
では、と勘ぐったんだが、案の定
お医者さんには一笑に付された。
う〜ん、ほんとにあり得ないのか?
ネットでは検索すると、可能性が
ない訳でもないようなんだが…。

とりあえず内耳の水分を排出する
薬と、神経を落ち着かせる薬、
眩暈を抑える薬など6種、なおかつ
年末年始で次回の通院まで日数が
空くので、通常の倍の二週間分も
処方され、量も金額も想定以上に
かかってしまった。

うへぇ、この時期いきなり1万円
近くの臨時出費は痛い〜。゜(゚´Д`゚)゜。

ともあれこれで治ってくれれば
いいんだけどな〜。

2017年12月12日(火) 『「家なき子 総音楽集」発売決定!』

おお〜っ!!!ついに来たかぁ〜っ!!
『家なき子』総音楽集!!

劇伴愛好家であり、自らレーベルを
立ち上げた腹巻猫氏が、その昔から
ご自分のサイトやコラムや座談会で
いつか出て欲しい、出したいと表明
していたのが、この出崎統監督の
『家なき子』だった。
長年、果たしていつレーベルの
ラインナップに挙がるのかとヤキモキ
していたが、とうとうその日が来たのだ。
しかもCD3枚組!に歌とカラオケと
BGMがたっぷり収録されるとは!!

(ちなみに氏はかつて『海のトリトン』や
『宝島』も同様に、ぜひ総音楽集を
出したい作品として名前を挙げていた。
前者は
2015年の夏に、ようやく念願が
叶った
ので、後者の早期リリースの
実現も待たれる。)

なお、このレーベルの前回のリリースは
『女王陛下のプティアンジェ』音楽集だった。
『プティアンジェ』は小学生だか
中学生だったかの夏休み始めごろに、
熱を出して一週間ほど寝込んだことが
あり、ちょうどその頃、毎日午前中に
再放送があって、全話を寝ながら
観たりした覚えがかすかにある。

そのため個人的にはそこそこ思い出の
アニメではあるのだが(残念ながら
作品そのものの出来はさして良いとは
言えないのだ。)、さすがに主題歌は
ともかく、BGMにはそれほど魅力を
感じず、実際ほとんど覚えてもいない。
(主題歌はオムニバスのCDで入手済。)
だから購入には躊躇してしまった。
<レーベル存続のためにも、なるべく
購入して支援したいんだけどね。

だが『家なき子』ならば、諸手を挙げ、
万難を排しても購入させていただく。

某サイトの連載では早速、裏話が…↓
『サントラ千夜一夜 / 腹巻猫(劇伴倶楽部)
第121回 生きることは闘いさ 〜家なき子(その1)〜』


”本作の主題歌・挿入歌の制作は日本テレビ音楽によって行われた。キングレコードは発売のみで音楽制作には関与していない。いわゆる「持ち込み原盤」というスタイルである。当時のキングレコードのディレクター藤田純二氏の話によれば、アルバムとして完成された形のマスターが提供されたのだそうだ。翌年放映の『新・エースをねらえ!』のアルバムも同様のスタイルで作られている。”

へ〜、なかなか珍しいケースやね。
初期ウルトラシリーズなんかも、
各レコード会社ではなく、円谷プロが
音源を保有・管理してるみたいだよね。
ま、ちょっと違う話だけど。

今のところ、もうAmazonには商品の
ページはあるものの、「在庫なし」の
表示で、まだ予約を受け付けてない
(ほぼAmazon専売なので入手ルートは
限られている)ので、いつから予約可に
なるのか、これまたヤキモキさせられる。
早く予約を確保して一息つきたい。


ところで一時、発売中止が告知され、
ファンを落胆させたものの、奇跡の
発売再告知となった
“『機甲界ガリアン』
音楽集完全版”
の続報も明らかに。

…って、高け〜よ!おいっ!ヽ(#`Д´)ノ

おれが欲しいのはボーナスディスクの
『音楽集Vol.2-効果音なし-(仮)』だけ
なのに、既存アルバムの復刻込みで
この価格では、とうてい受忍できん。

そもそも未収録BGMをすべて収めた
総音楽集こそ期待していたのに…。
この内容、この仕様、この価格では
さすがに購入の検討の余地なし。
とても残念だがスルーいたしまする。

2017年12月7日(木) 『【悲報】ニコニコ動画の川上氏「12億でニコファーレを作ったのは無駄遣いが目的(笑)、絶対に採算が取れない」』

なぁんだ、昔の発言なんか。
とはいえ、この人にはこの手の
ユーザーの神経を逆撫でする、
正気をを疑うような発言が多い
こともあって、経営者として、
トップとしての株を自らどんどん
下げまくってる印象が強い。

宮崎駿監督にお説教されて
しまった件もまた、そのひとつ。

『「昔のニコ動に戻りたい」は叶わぬ夢か 
運営とユーザー“温度差”のワケ』


とっても分かりやすい記事やね。

----------------------------------------------------

『「フロッピーディスク」が意外なところで使われていた』

オレも
先代デスクトップを導入する
ときにFDドライブは構成から外して
しまった。何せすでに必要性を
感じないことが多くなっていたから
なんだが、PCを自作までする友人
には「トラブったときに、フロッピー
から起動する必要に迫られるかも。」
ともいわれたものの、結局オミット。

その後 現行のデスクトップに至る迄、
全く必要な事態には遭遇しなかった。

実際、フロッピーに収まる程度の
データの受け渡しに際しても、
USBメモリでじゅうぶん…どころか
メールや添付ファイルで済むし。

まだ未使用のFDの10枚セットが
10年以上前から手元にあるんだが、
これどーすっかなぁ。
捨てるには忍びないし、かといって
外側のパッケージは剥がして
しまってるので、オークションに
出すのもどうかと思うし。

あと、DVD-RAMがなぁ。
まだ20枚近くストックがあるん
だけど、地デジの録画データが
HDDに書き戻すことができない
ために利便性がいっきに低下。
(容量の点でPC用途での使用も
めっきり無くなってしまった。)

すっかりBD-REにお株を奪われて、
死蔵されてるんだよなぁ。
どーすべ。

2017年12月1日(金) 『スーパーハイビジョンスペシャル 「コズミックフロント★MUSIC」』


友人に誘われて、NHKの渋谷
ホールの公開収録に行く。


会場周辺のイルミネーションがとっても綺麗♪

もちろん、こちらのお目当ては、
宮川彬良氏ならば当然のごとく
期待される「宇宙戦艦ヤマト」
だったりするのだが、番組の
性格上、アニメファンらの
アンテナには引っかからない
のだろう、観客層は一般高齢者
ばかりなので、内容もいたって
マイルド、曲目もオーソドックスな
ラインナップになっている。
(とはいえ後ろの席に座っていた
20〜30代の女性が「999が〜」
「コブラが〜」(!)などと会話
してたので、それなりに濃ゆい
人々もいた模様。)

事前には曲目の詳細は判らな
かったので、「ヤマト」は当確だ
としても、他にどんな作品が
演奏されるのかは未知数では
あったが、一般に馴染みがあり
そうな、という点では「999」や
「未知との遭遇」あたりがいい
ところなのだろうと思っていた。
(友人は「宇宙兄弟」なんかは
可能性ありでは?とも。)


結果はご覧のとおりだった訳
だが(アニメテーマメドレーという
触れ込みには遠く及ばぬ薄さには
肩透かし)、そこはそれ、やっぱり
生のオーケストラの演奏は
いいもので、サンダーバードの
テーマなんかを生演奏で聴く
ことができたのはオレ的には
大収穫で、存分に堪能した。

肝心の「ヤマト」は、交響組曲の
序曲〜誕生からの抜粋のほか、
「白色彗星」がパイプオルガンで
フルサイズたっぷり演奏され、
個人的にはこれが一番満足。

途中、ゲストのどこかの天文台の
所長さんを交えての緩いトークは
実にNHK的ぬるさで退屈(失礼!)
だったが、大衆向け番組の
スタイルとして、セットされたもの
なんだろうから、仕方あるまい。

第1部のラストは「忍たま乱太郎」
という宇宙と何の関係があるのか
NHKコンテンツの謎のチョイス。
3人組の着ぐるみまで登場し、
会場にはほぼ子供はいないと
いうのに、(想定では子供連れが
もっと居たということなのかな?)
寸劇めいた掛け合いもあったり
してからの、主題歌「勇気100%」の
オーケストラ・アレンジで幕。
うん、編曲・演奏自体は良かった
ので、思ったほど悪くなかった。

休憩を挟んで第2部、おそらくは
宮川氏や主催者側としては、
こちらのほうが本命だったもの
と推測されるが、フランクで
軽妙洒脱な第1部に比べて、
生真面目な構成で、ちょっと
うとうとしてしまうことも。

最期は宮川氏のオリジナル新曲
「宇宙音楽絵巻」と「コズミックフロント
テーマ曲」を壮大に謳い上げて幕。
ともあれ2時間半、生オケを満喫した。

番組としては年明け早々の放送が
予定されてるとのことなので、
興味のある方はご覧あれ。
自分としても、TV画面を通したら
どう聴こえるのか、あらためて
視聴してみたい。

----------------------------------------------------

『川上氏「dアニメとニコニコ連携しました!
でもdアニメ会員はニコニコ見れません
ブハハハハ」→会場凍りつく』


は?頭おかしいんじゃないか?

『【無能】ニコニコ動画「時報はユーザーへの
嫌がらせのつもりだし絶対に
やめるつもりはない」』


マジで頭に蛆が湧いてるとしか…。
これほどまでにユーザーを蔑ろに
した、自己満足な発言には唖然。

『ニコニコの発表会の空気がこんなに
冷たかったのは初めてかもしれない』


あんなフザケたことばかり言うような
経営者と運営だからこそ、ここまで
ユーザーと乖離した内容になるのは
当然と言えば当然だろう。

”『ニコニコ動画』新バージョン発表会で
全ユーザーが失望!アンケで良く
なかったが87%に!有名投稿者たちも
失望の声多数!完全終了のお知らせ”


愛想を尽かされたとしても自業自得。

『「niconico」最大画質引き上げへ 
「く」批判受け、川上会長が謝罪』

”『ニコニコ動画』新バージョンの発表会に
ついて川上会長が謝罪!発表に
なかった画質の向上を改めて告知!”


確かにどんどん利便性は落ちるわ、
画質は酷いわで、年々印象は悪く
なる一方だったからなぁ。

『ニコニコ動画、投資家にボロクソ言われる
「AbemaやYoutubeなど他の動画サービスに
負けてる」「劣勢を跳ね返せてない」
「完全に取り残されてる」』


やはり俺もついミクシィが連想されて
しまうのだけど、ミクシィはその後、
ゲームやアプリで復活したとか
聞いたような気が…違ったけ?

2016年12月2日(金) 『To Heartっていい日常系アニメだったね』

どうせじきに新居に引っ越すからと、
仕事場から運んできた荷物の
ダンボール箱は、未だに一部しか
荷ほどきせずに、家中に山積み
されているんだけど、いざ何かが
必要になったとき、いったいどの
ダンボール箱に入っているのか
見当もつかず、途方に暮れることも
少なくない昨今。

DVDやBDのBOXがしまってあった
箱を発掘し、いくつかを(仮にでは
あるが)本棚に並べてみる。
突発的に観たくなる作品もあったり
するしね、『逆シャア』とか(^_^;)。

そんな中、たまたま開いた箱に、
ここでも度々絶賛してきた
TVアニメ版『To Heart』
入っていたのが目について、
ひさびさに観たくなってパッケージを
開けてみたら…なんじゃこりゃ〜?!!

盤面が白い粉を噴いてるやんけーっ!!!!!!!

これはカビ…か?

DVDの読み取り面の保護層で
あるポリカーボネイトが、変色
してるのかとも思ったが、指で
なぞると白い粉が手に着く…
やっぱりカビ?

しかし過去、CDの盤面にもカビが
付いた経験は何度かあるが、
こんな白く全面に粉が付くような
ケースは見たことないんだが…。

クリーニング液やクリーニング
クロス、溶剤などで拭いても、
白濁は完全には取り切れず、
表面を可能な限り清掃した
ものの、マダラ状の白い変色は
保護層内部まで及んでいる模様。

プレイヤーで再生してみたところ、
幸いまだ映像・音響に影響は
無いみたい…なので、何は
さておき、大急ぎで全巻、
緊急○○○○して、一息つく。

心配になって、傍にしまって
あった、他のDVDやBDをチェック
してみても、幸いそんな症状は
出ていない。(; ̄_ ̄)=3
もしかしてこの製品に限った特徴
(=不良?)なんだろうか。

だとすれば同様の症状が出てる人も
いるのでは、と
ググってみたら…

>>43 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:2006/10/22(日) 23:06:43 ID:???
>>消えるというか、盤面が白濁して読み取れなくなる。
>>俺のも4巻がヤバイ状態に。
>>
>>44 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:2006/10/22(日) 23:09:52 ID:???
>>それがディスクの特性なのか、保存状態のせいなのかで違うんですよね。
>>保存状態の影響ならば、ほかにも同じ状態になっているアニメ作品のDVDがあると思いますが。
>>ディスクの製造過程の問題ならどうしようもありませんけどね。
>>KSS……じゃなくてどこが生産してたのかな。
>>
>>45 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:2006/10/22(日) 23:14:57 ID:???
>>白濁してるって話は他にも聞いた。
>>同じ場所に保管している他のDVDは問題ないので
>>やっぱ製造工程の問題じゃないかと。

なんとーっ!!
どうやら材質・品質に何らかの
原因がある、この商品固有の
問題(不具合)のようだ。
(『To Heart』は
2007年にパッケージ
のみリニューアルされた、BOX仕様
での、残念な再プレスがされている

だが、あちらはどうなんだろうか?)

しかもそれに加えて、上述の2つの
スレ内で気になる文言が…。

“マスター紛失”だとーっ?!?!?


>>540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 10:25:39 ID:???0
>>北米サイト立ち上がった
>>http://to-heart.rightstuf.com/
>>ここの"SERIES"→"Producing To Heart"にリマスター行程の話が書いてあるが
>>それによるとマスターフィルムがもう廃棄されているらしい…
>>本当ならKSS許すまじ
>>
>>542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 06:32:35 ID:???0
>>ビデオ素材が酷かったのでフィルムから修復しようと思ったけど
>>原版フィルムは何年か前にデストロイしたと言われて使えなかったって書いてあるな
>>
>>日本側の担当者がフィルムを渡したくないので出まかせを吹いた可能性もなくはないが
>>去年東鳩2が出て便乗商売には絶好機だったのに、再発もされずに絶盤のままなのは
>>本当に原版を損傷して失ってしまったからだという可能性も少なくない

などという衝撃の話題が…!!!
実際にリンク先のサイトを探したら、
すでに存在しなかったので、WEB
アーカイブに残っているデータ

閲覧・機械翻訳してみたところ…

“One of the best ways to repair all of these issues is to do a complete film restoration. However, we quickly learned that that would be impossible – the original To Heart film masters were destroyed years ago, so the materials we had now were all we were going to get. Unwilling to settle, our search for a way to restore the video began.
(これらの問題のすべてを修復するための最良の方法の一つは、完全なフィルムの復元を行うことです。しかし、我々はすぐにそれが不可能であることを学んだ - ハートフィルムマスターにオリジナルは数年前に破壊されたので、私たちが持っていた材料は、今我々が取得するつもりだったすべてでした。落ち着くために不本意、ビデオを復元する方法のためのGoogleの検索が始まりました。)”


どうやら
DVDがBOX仕様で再発売
されたのと同時期に、北米でも
リマスターDVDのリリースが企画
され、その商品製作会社がマスター
フィルムの提供を日本の版権元に
求めたところ、「すでにマスターは
廃棄されており、存在しない」と
返答された、と…。そのため現存する
低品質な既存のDVDマスターに、
可能な限りレストアを施すしか手段が
なかった、と公式サイトで報告して
いるということらしい。(それにしても
この北米のビデオ会社スタッフの、
『To Heart』に対するこの熱意には
感服するばかり。単なる再プレスで
お茶を濁した日本側メーカーとは
月とスッポン、雲泥の差だ。)

これはマジなのか?!
となるとBlu-ray化どころか、
ただでさえ低画質の現状のDVD
以上の品質の商品は、もう永久に
望めないということなのか?!

なんてこった!
これがデマ(もしくは日本側
メーカーの勘違いやフェイク)で
あることを祈るばかりだ。

[バックナンバー] [目次] [トップ]

your@mail.address
Akiary v.0.51